月経前症候群 PMS 年齢

年齢別の月経前症候群の症状

月経前症候群(PMS)の症状を経験したことがある女性は多いと思いますが、年齢によってその症状に違いがあることをご存知でしょうか?

月経前症候群は、生理がある全ての女性に起こり得る症状であり、ほとんどの方が、なにかしらの不快な症状を経験したことがあると思いますが、年齢によって、その症状に違いがあります。

例えば、20代では、頭痛や肩こり、乳房のハリ・痛み、下腹部痛、イライラするなど、身体的な症状が出る方が多いようです。

30代の方では、20代の身体的症状に、むくみやアレルギー、頭重感、食欲増加、攻撃的など、精神的症状な症状が加わり、さらに月経前症候群の症状が重症化する傾向にあります。
これが、30代が最も月経前症候群で悩む方が多い理由であり、精神的に不安定になるため、「30代不機嫌症候群」と呼ばれることもあるようです。

40代になると、頭痛や肩こり、乳房のハリ、イライラ、食欲増加などが、最も多い症状です。


さらに、20代、30代、40代の年齢を通して、出産経験がある方とない方でも、その症状に違いがあるようです。

出産経験がある方に多いのが、イライラ、怒りっぽい、攻撃的、女性であることが嫌になる、アレルギー、周囲の人に対する暴言等、精神的・社会的症状です。

また、出産経験がない女性に多いのが、下腹部痛、乳房のハリ・痛み、頭痛、肩こりなどの身体的症状が多いのが特徴です。


これらの症状をトータルで見ると、出産経験がある30代の女性が、最も月経前症候群の症状で悩む方が多いということになります。

30代というと、専業主婦であれば、家事や育児に忙しいですし、仕事をお持ちの方であれば、責任のある立場であり、仕事やプライベートのストレス、疲労も多く、それらが原因となって症状を悪化させることもあります。

自分の年齢と症状を照らし合わせてみていただき、症状を軽減するためのヒントにしていただければ幸いです。