月経前症候群 PMS 身体的

身体的な症状について

月経前症候群(PMS)には、イライラや不安感などの精神的な症状の他に、身体的な症状も起こります。

生理前に下腹部のにぶい痛みや重苦しさ、不快感を感じることがありませんか?
生理中のひどい痛みに比べ、にぶい痛みが下腹部に起こるのが、月経前症候群の特徴であり、症状の一つです。

この月経前症候群の身体的症状について詳しくご紹介しますので、少しでも体の不調で悩んでいる方の力になれれば嬉しいです。


月経前症候群(PMS)の身体的症状


・下腹部痛
・腰痛
・乳房が張る
・むくみ
・体重増加
・頭痛
・食欲が増える
・下腹部の膨満感
・肩コリ
・疲れやすい
・肌荒れ
・喉の渇き
・眠気
・手足の冷え
・肌荒れ


月経前症候群の代表的な身体的な症状をご紹介しましたが、いずれも女性ホルモンの変化が原因の一つとされており、複数の症状が起こる場合や、一つの症状であるにもかかわらず、重症である場合もあり、個人差があります。

生理によって引き起こされるので、回避するのが難しいのですが、月経前症候群の身体的な症状を知ることによって、効果的な改善策を探ることができます。
日常生活に支障をきたすほど、重症な方は、産婦人科などで相談することをオススメします。