月経前症候群 PMS アロマテラピー

アロマテラピーの効果について

月経前症候群(PMS)の症状を緩和する効果的な対策に、アロマテラピーがあります。

アロマテラピーは、精神を落ち着かせ、リフレッシュ効果が高いので、女性の間では人気が高く、日頃から愛用しているという方もいると思います。
実は、このアロマテラピーは、月経前症候群にも効果があるのです。

このアロマテラピーが、月経前症候群の症状緩和にどのように作用するのかについて、ご紹介したいと思います。


アロマテラピーが、月経前症候群の症状緩和に効果があると言いましたが、全ての精油が効果があるわけではありません。

例えば、ジャスミンやセージ、フェンネルなどは、エストロゲンに似た作用があるので、避けた方がよいでしょう。

オススメなのが、ゼラニウム、ローズ、イランイラン、ローマンカモミールなどです。
これらの精油には、ホルモンのバランスをとる作用があるので、月経前症候群の症状緩和に役立つのです。

特にゼラニウムには、情緒不安定な気分を落ち着かせ、リフレッシュする効果が高いので、イライラしがちな方にオススメです。

また、月経前症候群の症状の中でも、頭痛や腰痛などがある場合は、鎮静効果があるローズマリーやペパーミントなどがオススメです。

また、生理前になると食欲が抑えられないという方には、グレープフルーツの香りがオススメです。
グレープフルーツには、食欲を抑え、ダイエット効果があるとされているので、食欲を我慢するストレスを感じる方は、ぜひ利用してみて下さい。


アロマテラピーは、その香りによって、心身ともに癒しの効果をもたらし、月経前症候群(PMS)の症状を緩和してくれるので、日頃からリラックスタイムなどに利用してみてはいかがでしょうか。