月経前症候群 PMS 食生活

食生活を改善について

バランスのとれた食生活は、健康や美容の基本であり、非常に大切なことです。
それは、月経前症候群(PMS)にも同じことが言えます。
月経前症候群の症状を緩和したり、予防するためには、食生活が大きく関わっているのです。

わかっていても食生活が偏ってしまったり、食事の時間が遅くなってしまったり、食べたり食べなかったりするなど、毎日規則正しい食生活を送ることは意外と難しいものです。

しかし、食生活を改善することによって、月経前症候群の症状を緩和することが可能ですので、この機会に食生活を改善していただき、症状緩和に効果がある食べ物も一緒に覚えて、積極的に取り入れて下さい。
まず基本は、栄養のバランスがとれていることです。

ダイエットなどによって、極端に炭水化物を減らすなどすると、必要以上にアドレナリンを分泌し、血糖値のバランスを崩すので、症状を悪化させてしまいます。
炭水化物のみを極端に減らすのではなく、あらゆる食べ物をバランスよく摂るようにしましょう。

特に、月経前症候群の症状の緩和には、ビタミンやミネラルの摂取が効果的だと言われていますので、豊富に含む果物や野菜、海藻類などがオススメです。
また、豆類や大豆製品、ゴマやアーモンド、落花生などの種実類も効果があるとされています。

逆に避けた方が良い食べ物には、砂糖、塩分の濃いもの、コーヒー・紅茶などのカフェイン、アルコール、添加物が多い食べ物などは、月経前症候群の症状を悪化させてしまう恐れがあるので、できるだけ避けた方がよいでしょう。


しかし時には、ハンバーガーなどのジャンクフードや、甘いケーキが無性に食べたくなることもあると思います。
月経前症候群(PMS)の症状を緩和するという観点では、それらの食べ物は避けた方がよいのですが、我慢することによってストレスとなり、かえって症状を悪化させることもあるので、過剰に食べなければ、多少は食べても問題ないと思います。


バランスのとれた食生活は、健康と美容の源であり、心身ともに綺麗でいることができますので、完璧にできなくても意識して毎日の食事を摂るようにしましょう。