月経前症候群 PMS ホルモン療法

ホルモン療法について

月経前症候群(PMS)の治療法の一つに、「ホルモン療法」があります。

月経前症候群の原因の一つとして、ホルモンバランスの乱れがあります。
このホルモンバランスの乱れを、ホルモン製剤を使って治療を行うのが、「ホルモン療法」です。

「ホルモン療法」は、月経前症候群の治療に最も多く行われる治療法です。

この「ホルモン療法」には、代表的な2つの方法がありますので、それぞれについて詳しくご紹介します。


まず一つ目が、黄体機能不全を改善する目的で使用するものです。

生理前になると、黄体ホルモンが急激に低下することによって、イライラや下腹部痛などの月経前症候群の症状が現れるとの考えを元に、黄体ホルモンの分泌を促進する薬を投与することによって、症状を改善するというものです。

月経前に数回投与することによって、黄体ホルモンが増加し、症状を抑制することが可能です。
もう一つが、排卵を抑制するホルモンを投与する方法です。
いわゆる「低用量ピル」と呼ばれるものです。

一般的に避妊薬として知られていますが、この「低用量ピル」を使うことによって、排卵と生理を止め、症状をでなくするというわけです。
生理があるから、月経前症候群の症状がでるのであって、生理そのものを止めてしまえば、症状もでなくなるというわけです。

「低用量ピル」を使うことによって、かなりの確率で月経前症候群の症状はなくなりますが、排卵や生理を止めるので、妊娠しにくくなってしまいます。
それを踏まえた上で、利用するようにしましょう。


月経前症候群(PMS)の症状でお悩みの方は、産婦人科などで相談し、メリット・デメリットを理解した上で、治療を受けるようにしましょう。