月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)は緩和できます

月経前症候群(PMS)でお悩みの方の為に、少しでもその症状を緩和してもらいたいと思い、様々な対策や治療法をご紹介します。

まず、月経前症候群の症状を緩和するためには、その症状にはどのようなものがあるか、また、自分が抱えている症状が、月経前症候群によるものなのかどうか理解する必要があります。

月経前症候群(PMS)の症状に向きあい、自分がそうだと自覚することが、症状を緩和する上で非常に重要であり、その後の治療をスムーズに行うことができます。

その他にも、月経前症候群の症状が起きやすい時期や、なりやすい人とはどういった方かなどについてもご紹介していますので、ご自分の症状や生活習慣などと照らし合わせてみて下さい。


次に、自宅で手軽にできる月経前症候群の効果的な対策法をご紹介します。

月経前症候群は、食生活や生活習慣と大きく関わっており、それらを改善することによって、症状を緩和することが可能と言われています。
また、症状を緩和するために効果的なサプリメントやハーブ、アロマテラピーなどもご紹介していますので、症状緩和にお役立てください。


最後に、PMS(月経前症候群)の治療法をご紹介します。

月経前症候群の症状は、日常生活に支障をきたすほど、重症になることも多く、生理前になる、心身ともに憂鬱になり、やる気がでなくなるという方も多いと思います。
そんな不快な症状を効果的に解消できる治療法を、5つご紹介しています。

ホルモン療法や対症療法、ビタミン療法、漢方治療、鍼灸治療など、どれも月経前症候群の症状を効果的に治療することが可能なので、それぞれの特徴などを比較していただき、ご自分に合った治療法を選んでみて下さい。


月経前症候群の症状は、身体的・精神的にも辛く重い症状であるにもかかわらず、そうでない方には、理解されないことも多いため、そのストレスなどによって症状が悪化することも多いのです。

精神的なストレスは、月経前症候群の症状を悪化させてしまいますので、できるだけストレスをためないように、症状を緩和するために、様々な方法を試してみて、自分に合った方法を見つけて下さい。

月経前症候群あるある

月経前症候群のよくある症状


月経前症候群である女性は多いのですが、自覚症状がある方もいれば、自分がそうであると自覚していない方もいます。
ここでは月経前症候群のよくある症状についてご紹介しますので、ご自分の症状と照らし合わせてみてください。

月経前症候群の症状として挙げられるのが、下腹部痛や下腹部の張り、腰痛、乳房の痛み・張り、頭痛、めまい、手足の冷え、ニキビができやすい、肌荒れ、むくみ、喉の渇き、食欲が増す、あるいは減る、下痢、便秘、疲れやすい、眠気、おりものが増える、イライラする、怒りっぽくなる、無気力になる、気持ちが不安定になる、性欲の変化、憂鬱になるなどです。
その他の症状が起こることがありますが、生理の2週間前くらいからこれらの症状が起こるという方は、月経前症候群である可能性があります。
ただし、上記に挙げた症状がいくつか当てはまっても、それが全て月経前症候群であるわけではありません。
頻繁に生理の約2週間前からこれらの症状が起こり、日常生活に影響を及ぼすほど症状が重い場合は、月経前症候群であると言えるでしょう。


月経前症候群だったらどうすればよい?


月経前症候群でだったらどうすればよいの?と不安に思う方もいると思いますが、自分がそうであると自覚し、不快な症状を改善するためにどうすればよいか、前向きに考えることが、最も大切です。
女性の多くが同じような症状で悩んでいますし、自分だけではない、女性なら誰でも起こりうることととらえ、少しでも症状を軽減するためにどうすればよいか考えましょう。

最も大切なのは、ストレスをためないことです。
ストレスによって、月経前症候群の症状が重くなってしまいますので、上手に発散させましょう。

また、食生活や生活習慣を見直すことによっても、症状を軽減することができます。
バランスのとれた食生活は、健康の基本であり、月経前症候群の症状緩和にも効果があります。
特にビタミンやミネラルには、月経前症候群の症状緩和に効果があるとされていますので、積極的に摂取しましょう。

規則正しい生活と適度な運動も、症状緩和に効果がありますので、運動不足の方は、ウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。
運動をすることによって、ストレスを発散させることができますし、爽快感を感じたり、気分もすっきりするのでおススメです。

どうしても症状が緩和しない、辛いという方は、低用量ピルを服用する方法もあります。
産婦人科などで処方してもらえますので、相談の上、服用するようにしましょう。

月経前症候群は、精神状態によって、症状が左右されることが多いので、できるだけ明るく過ごすようにしましょう。